×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

装甲巨神Zナイト


装甲巨神Zナイトとは、TOMYがゾイド終了後に出したシリーズ。
話の内容的には、ゾイドを受け継いだ形のストーリーです。
主人公もゾイド星人と地球人の混血児、セカンドと呼ばれる人種です。

*グレートZナイト、ノーザグレイバーのみ動画が見れます。


装甲巨神
Zナイト マリンカイザー グレートZナイト
ブルースター(メタルフット)
ノーザグレイバー ディバイキング ナイラス ガイム ソウルセイバー
キルナ(バトルアーマー、メタルフット)
スカルバイパー デザートウォーカー エギール ギルガ ゼルガイア
デスバトラー
カルド(メタルフット)
デスドール バイガス ガイザック メガホーネット ダークシザー


Zナイトストーリー

21世紀以降、アルプスの氷河の溶解やエルニーニョ現象などの原因による温暖化、
そして300年の眠りから目覚める火山達。
それらの現象によりブルースター(地球)は人の住みにくい星となっていった。
2600年、大気汚染や彗星衝突の危機により、人類はブルースター(地球)を捨て、
火星に惑星国家キルナを創建。移住を始める。
ただしこの国家に住めるのは独裁者と金持ちなどの"選ばれし者"、そういう特権階級者のみであった。
見捨てられた人々は7つのユニオン(地球を一つの国家と見立て7つの自治区に分ける事。)を作り、
自らの星を守り続ける事を誓う。しかし彗星衝突の時は容赦なく迫りつつあった。
しかし思わぬ事が起こる。彗星は確かにブルースターに衝突はしたが、汚染されたいたブルースターの
大気をことごとく吹き飛ばし、太古の清らかな姿に戻してくれた。
そして2997年、宇宙嵐が生んだ太陽風が、すべての汚染源を大気圏外に運び去っていった。
これによりブルースターは完全に復活を遂げた。
しかしこの太陽風は、火星の惑星国家キルナにとっては、神風ではなかった。
火星に接近した太陽風は、先進技術で作り上げた都市国家を無残に押しつぶし、火星に形成された
人工大気をも宇宙のかなたへと吹きやったのだ。
惑星国家独裁者、ギスカール大統領は、この事変に対しブルースターの復活を以前から知っていたので、
ブルースター帰還計画を実行する。ただの帰還計画ならその後の戦いは起こらなかっただろう。
しかしギスカールは、武力を持ってブルースターへの帰艦をキルナ宇宙軍に命じた。
ゼルダン将軍を司令官としたキルナ宇宙軍は、まず火星とブルースターの中間に位置する火星移住計画の
拠点であったアトランティス軌道ステーションを4月21日に占拠。
そこを拠点にブルースター侵攻をする。
ブルースター侵攻のために編成された精鋭バトルアーマー部隊は、まずヤマト(旧日本)、ブリードキンダム
(旧アイルランド)、ノーザランド(旧ノルウェー)に侵攻する。
各部隊の侵攻の目的は、各地区の占領と装甲巨神の奪取にあった。
装甲巨神とは、はるか昔に外宇宙から帰還した調査宇宙船がブルースターに持ち帰った金属生命体を
それを体内に持つアーマーを装甲巨神と呼ぶようになったのが始まりである。
その金属生命体は無限のパワーと永遠の生命を持っていた。
装甲巨神は6体制作されたが、その圧倒的力と破壊力により地底深く封印された。
キルナ宇宙軍は、それらの装甲巨神を手に入れ、絶対的力を持ってブルースターを制圧するのが目的で
あった。
ブリードキングダムのマリンカイザーは難なく手に入ったが、ノーザンランドのZナイトはノーザランドに
より運営され逆に蘇生に成功したマリンカイザーを倒された上、奪取されてしまった。
この敗北の原因はパイロットにあった。Zナイトのパイロットランス中尉は、調査船が連れ帰った異星人
とのハーフのセカンドであったが、マリンカイザーのパイロットは一般の兵士だった。
この装甲巨神は異星人、またはその子供であるセカンドにしか操縦する事できないのである。
その後、キルナ宇宙軍は反キルナ組織であるカルドと共同戦線をはり、巨神の発掘に全力を挙げる。
何とか装甲巨神を発見するものの、ヤマトの武者は暴走、第6の巨神ゼロスは発動とともにどこかへ飛び
去っていってしまう。
それと同時にキルナは、ファイナルアーマーギルガ(キルナにて装甲巨神と互角の戦いのできるバトル
アーマーとして開発された。)を要してZナイト打倒を目指す。
ギルガにはキルナ宇宙軍司令のゼルダンが搭乗。そして見事Zナイトを追いつめる。
追いつめられたZナイトはキルナ宇宙軍の艦隊砲撃により大破する。
ブルースター連邦はこの大破したZナイトをよりパワーアップさせたグレートZナイトとして復活させた。
その後ギルガのとの死闘をくぐりぬけたグレートZナイトや他の装甲巨神は封印される。
封印された装甲巨神の代わりにメタルフット(カルドにて開発された装甲巨神より小型でそれ以上の性能を
持つバトルアーマーの総称。)の開発に成功したブルースター連邦は、各装甲巨神の戦闘データを反映させた
メタルフットを開発。そして戦いはさらに激しくなっていく。



メインメニューに戻る      ゾイドメニューに戻る このページはTOMY非公式のページですので、このページ関する質問などを TOMYにしないでください。装甲巨神Zナイトは、TOMYの登録商標です。 このページ掲載されている画像の転載はしないでください。